自己紹介

ようこそ「外科医コタロウの部屋」へ!

こんにちは、コタロウです。

地方都市の基幹病院(その地域の中心的な役割をになう大きな病院のこと)で外科医をしています。

国立大学医学部を卒業して24歳で医師になってから約30年間、医療の最前線で働いてきました。大学院で研究や、米国に留学していた時期もありましたが、人生の半分以上を臨床医として、日々病気と戦ってきたことになります。

  • 日本外科学会 専門医、指導医
  • 日本消化器外科学会 専門医、指導医
  • 日本食道学会 食道科専門医、食道外科専門医
  • 日本内視鏡外科学会 技術認定医 ロボット支援手術プロクター
  • 日本救急医学会 専門医
  • 麻酔科標榜医
  • 医学博士(京都大学)

細かい資格は他にもありますが、ある程度の価値が担保されている、医師として公言できる資格は上記のものを取得しています。一番の専門は食道がんですが、病院の特性(いわゆる野戦病院です笑)上、救急疾患も含めて幅広い病気の治療に携わってきたと自負しています。食道がんは、外科医の実力が結果に直接現れる病気であり、この分野でやってきたことは、結果的に外科医としての自分を大いに成長させてくれたと感じています。

このブログの中身

ネット上には、マスコミや一部の方々(なかには医療関係者も!)による間違った情報や誤解が蔓延しています。その反面、正しい情報を発信している医療関係者はほとんどいないのが現状でしょう。一般の方が正しい情報を得るのは極めて困難と思います。

医師として、日々の業務のなかで「皆んなが知っておいてほしい」と思うことを中心に、医療情報を発信したいと思ってブログを開設しました。

最前線の病院で長年勤めてきた現役外科医からの発信です。一般の方々にとって、どの程度お役に立てるのか、正直よく分かりませんが、少しでも困っている患者さんの助けになることができたら、これに勝る喜びはありません。

よろしくお願いいたします。

コタロウをフォローする
外科医のナイショ話
タイトルとURLをコピーしました