医師の私が受けているがん検診

がん

こんな質問をいただくことがあります。

コタロウ先生はがん検診を受けてます?

どんな検査をしたらいいと思います?

コタロウ
コタロウ

私もアラフィフだし、助かる病気で死にたくないので受けてますよ。

結論から言うと、公的ながん検診「胃がん」「大腸がん」「肺がん」、女性はさらに「乳がん」「子宮頸がん」の5種類で充分と思っています。あくまで私の考えですが、私(と奥さん)が受けているがん検診はそれだけです。

これだけだと、わざわざこの記事を読んでいただく意味がありませんね。知っておいた方が良いと思うことと共に、もう少し細かく説明させていただきます。

この記事を読めば、がん検診の意味合いが理解でき、どのがん検診を受けるべきか、参考になると思います。

がん検診とは

言うまでもないことですが、がん検診とは、がんの早期発見、早期治療を目的とした諸検査のことです。症状のない方が対象です。がんは早期の状態で見つかれば治せる可能性が高くなります。

がん検診には、対策型がん検診任意型がん検診の2種類があります。

対策型がん検診任意型がん検診
目的対象集団の死亡率を下げる個人の死亡リスクを下げる
概要公共的な医療サービス個人の判断で受ける
費用無料、少額自己負担全額自己負担
住民健診、職域検診人間ドック

対策型がん検診は、対象になる集団のがん死亡率を下げることを目的にしており、公的な予防対策として行われます。無料か小額の自己負担で済みます。これには以下の5種類があります。

検査方法対象年齢間隔
胃がん検診胃バリウム検査または胃カメラ50歳以上
バリウム検査は40歳以上に実施可
2年に1回
大腸がん検診便潜血検査40歳以上毎年
肺がん検診胸部レントゲン40歳以上毎年
乳がん検診マンモグラフィ40歳以上2年に1回
子宮頸がん検診内診、細胞診、コルポスコープ20歳以上2年に1回
5種類の対策型がん検診(日本医師会ホームページより 改編)

対策型がん検診は、公費で行われる検診ですから、低コストで効果が高いものを対象にしています。たとえば、希少がんと呼ばれるような、珍しいがんは対象としていません。

日本人のがんによる死亡は、1位肺がん、2位大腸がんです。

任意型がん検診は、個人の死亡リスクを下げることが目的で、全額自己負担で行われます。いわゆる人間ドック、がんスクリーニング検査などのことで、対策型がん検診ではカバーされていないがんが対象になります。

私が受けているがん検診

冒頭で書いたとおり、私は任意型がん検診は受けておらず、上記の5つの対策型がん検診(男性なので3つですが)を受けているだけです。

これは、対策型がん検診で分からないがんを見つけるために毎年検査を受けても、「気休め」以上の意味がないと考えているからです。

例えば、任意型がん検診でしか発見できないと思われる「膵がん」は、早期発見することがとても困難です。発生する頻度が少ないこともあって、対策型がん検診の対象にはなっていません。任意型がん検診(PET検査など)で発見される方もいらっしゃいますが、その裏には、PETでも見つけられなかった方(検診結果を信じてしまい、却って受診が遅れてしまうこともあります)や、比較的早く見つかって手術も受けられたけど、結局治らなかった方など、検診の目的が達成できなかったケースが多いのです。

検診の目的は、「早期発見できたら治せる病気を見つける」ことですから、このような疾患(発生頻度が少ない、検診でも見逃されやすい、治療がむずかしい)は効果が少ないと判断しています。

コタロウ
コタロウ

少しずれますが、検査には限界があります。

よくある誤解として

「検査を全て受けておけば、安心できる」というものがあります。

そうであれば、本当に良いのですが、残念ながら、「病気が無い」ことを証明するのが一番むずかしいのです。

検査には限界があることを、理解してほしいと思います。

対策型がん検診について、少し捕捉しておきたいことがあります。

  1. がんには予防できるものがある。
  2. 胃がんのヘリコバクター・ピロリ菌
  3. 子宮頸がんのヒトパピローマウイルス
  4. その他(肝臓がんの肝炎ウイルス)

1.がんには予防できるものがある。

がんは、はっきりした原因が分からないものが多く、これさえしておけば安全と言えるものは少ないです。しかし、喫煙アルコールが大きな発生因子になるがん(喉頭がん、食道がん、肺がんなど)もあり、これをがんのリスクファクターと言います。これらのリスクファクターをやめることで、がんの発生する確率を下げることができます。

ここでは、もっと直接的に予防できるがんについて話します。上記5疾患のうち、胃がんと子宮頸がんは原因が(全てではないですが)はっきりしており、対策しておくことができます。

2.胃がんのヘリコバクター・ピロリ菌

胃がんの原因の多くはヘリコバクター・ピロリ菌ということが分かっています。日本癌学会の記事「胃がんで亡くならないために何をなすべきか」にもあるように、日本人の胃がんの98%がこの細菌感染のためとされます。

そこで、まずはヘリコバクター・ピロリ菌に感染しているかどうかを検査しましょう。検査には、内視鏡を使う方法(迅速ウレアーゼ試験、鏡検法、培養法)と内視鏡を使わない方法(抗体検査、尿素呼気試験、便中抗原検査)があります。陰性ならば上記のとおり2年に1回の胃カメラでよいと思います。もし陽性なら、除菌治療と言って、抗生剤治療でヘリコバクター・ピロリ菌を退治することで胃がんを予防することが可能になります。

なお、下記の記事のとおり、胃がん検診にはバリウム検査よりも胃カメラをおすすめしています。

3.子宮頸がんのヒトパピローマウイルス

比較的若い女性にも多く発生する子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス (HPV) 感染が95%以上の原因であることが分かっています。不幸な病気ですが、この病気にはHPVワクチンという予防策があります(日本産婦人科学会、子宮頸がんとHPVワクチンに関する正しい理解のために)。

女性はこのワクチンを受けておくべきと思います。筆者の長女も、もちろんワクチンを接種しています。

これについては他記事でも解説しています。

4.その他(肝臓がんの肝炎ウイルス)

その他では、肝臓がんの原因に肝炎ウイルスがあることは、古くから知られています。高ウイルス療法(インターフェロンなど)で肝臓がんのリスクを抑えることができます。肝炎ウイルス感染した方は、少なくとも慎重に肝臓がんの検査を受けておくべきです。

まとめ

以上、私が実際に受けているがん検診を、解説とともに紹介しました。

  1. がん検診は、対策型がん検診の胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮頸がんの5種類は受けるべき。
  2. その他、任意型がん検診などの効果は不明で、個々のケースで判断すること。
  3. 胃がん、子宮頸がんは予防のための手段があり、おすすめできる。

私はアルコールもタバコの嗜みません。それだけでもがんのリスクは少ない(はず)です。一人ひとりで状況は違うので、全く同じがん検診をおすすめしている訳ではありませんが、参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました